兄弟・親族が結婚することになったら?必要なマニュアルを全てまとめてみた

リンク広告ユニット(romi)




先日、私の2つ下の弟が結婚式をあげました。
小さい頃、一緒に過ごしてきた兄弟が結婚することってとても感慨深いものがあります。

大切な兄弟だからこそ、きちんとお祝いをしてあげたい!!ということで、兄弟・親族の結婚式に必要なことをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

まずお祝いを渡す

恐らく婚約している場合が先だと思うので、結婚式の前に婚約祝い花束を渡しました。

婚約祝いって何を渡したら良いか迷うと思いますが、わたしは弟が引っ越ししたばかりということもあったので、こそっとリサーチして食器をプレゼントしました。

何を選ぶか迷ってしまうと思いますが、相手が喜ぶものだったら何でも良いと思います。
価格は3,000〜5,000円程度が妥当ですかね?

お祝いを選ぶならこのサイトが種類も沢山あってとても便利でした。


ご祝儀の相場と渡し方

兄弟や親族が結婚するとなったらご祝儀をどうするか迷いますよね。
ご祝儀は独身か既婚かで一般的に渡す金額が変わってきます。

独身の場合のご祝儀

独身の場合ですが間違いないのは5万円だと思います。
年齢が若いと3万円でも良いかもしれませんが、30代になってくると5万円は包んでおきたいところです。

既婚の場合のご祝儀

既婚の場合は7万円〜10万円が相場と言われています。
ご祝儀の場合、割り切れる偶数は「別れ」をイメージさるので、「割り切れない」奇数が演技が良いそうですが、8万円は「末広がり」の意味を持つので良いとされています。
私は既婚者ですので、主人と合わせて8万円を包んで渡しました。

ご祝儀袋

ご祝儀袋も様々な値段のものがありますが、一般的にはご祝儀金額の1/100程度が良いと言われています。

兄弟や親族ならある程度包むと思いますので、華やかなデザインのものが良いですね!!

この写真は実際に渡したご祝儀です。
ご祝儀を包む袱紗(ふくさ)の準備も忘れずに。
冠婚葬祭で使える紫色のベーシックなものを1つ持っておくと便利ですよ。

ご祝儀を渡すタイミング

ご祝儀を渡すタイミングですが、友人の式に参列する場合は受付で渡せますが、親族は早めに集まりますし、式の前は慌ただしいので、結婚式の1週間前から1ヶ月前に渡すのが良いと言われています。

私は1ヶ月前に弟夫婦に会う機会があったので主人と一緒に手渡しをしました。

実際に式当日はバタバタするので、どうしても当日にしか会えない以外は、事前に渡すほうがオススメです。

結婚式の服装

弟の結婚式のとき、私はこれでとても焦りました。

漠然と母の着物を着ようかな?と思っていたのですが、親族の立場で着るものもきっちり決まっているのです。

兄弟の式に主席する場合は第一礼装がマナー

今回は姉の立場で書いてみますが、結果的に色留袖をレンタルしました。

当初は母の着物を着て出席しようと思って手配をしていたのですが、母の着物は訪問着だったのです。

訪問着だと親族の式ではカジュアルになってしまうので、結婚式で姉として出席するのなら第一礼装の着物が基本的なマナーとなります。
第一礼装の着物となるのは黒留袖か五つ紋付きの色留袖となります。
五つ紋とは着物に5つの家紋が入っているもののことです。

母が黒留袖だったことや、年齢的なことも考えて色留袖をレンタルすることにしました。

レンタル先ですが、着物レンタル365というところで借りて式場で着付けてもらいました。
色々着物レンタルを調べましたが、ここが一番種類が豊富で素敵な留袖が多いので着たいものがきっと見つかると思います。

ちなみに着物用のバッグや靴はレンタル費が別料金になることが多いので、もし持っている方や、両親のものを借りれる方は準備しておいた方がお得です。

あと、濃いすぎる化粧や派手な髪型、ネイルなどは注意してくださいね。
親族が沢山来る式は誰に見られているか分かりませんよ!!

あとは式を楽しむだけ

お祝いやご祝儀、式の服装などのマナーに関わることだけしっかりすれば、あとは式を楽しむだけです。

弟は近くに住んでいるし、小さい頃から仲良しだったので、披露宴中は大号泣していました(笑)

親族や兄弟の式は滅多にないお祝い事なので、必要なことだけちゃっちゃとやってしまいましょう。

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブル)



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.