妊娠後期に突然の頭痛!妊娠高血圧予防に血圧計を買うべし

リンク広告ユニット(romi)




妊娠30週(8ヶ月)を迎えたある夜、突然ズキズキと頭痛がはじまりました。

つわりが終わる頃にちょいちょい頭痛はあったものの、それ以外は全く頭痛の症状がなかったので、突然の出来事に焦った私はずぐにGoogle先生を検索。

そこで目にしたのは「妊娠高血圧症候群」という妊娠後期に現れやすい恐ろしい症状でした…

これは妊娠高血圧症候群にびびった私が血圧計を購入するに至ったお話です。

スポンサーリンク

妊娠高血圧症候群とは?

まず妊娠高血圧症候群について簡単に書いておくと、なんらかの理由で妊娠中に高血圧になったり蛋白尿が出たり、浮腫みが出たりすることを言います。

高血圧の基準ですが日本産科婦人科学会では最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上と言われています。

この妊娠高血圧症候群の恐ろしいところは母体や胎児に影響が出てしまうというところ。
高血圧が進むと、母体の安全を考えて帝王切開で無理やり出産させることもあるそうです…

これを早期発見するために妊婦健診で血圧や尿検査を行っているんですが、健診で問題がなかったり、自覚症状がなくても、特に妊娠後期になると突然発症するケースもあるというやっかいな症状なのです。

事の経緯

頭痛のはじまり

妊娠30週の健診で、体重の増加は注意されたものの(この時点で8.8キロ増)、他は特に問題もなく順調なまま健診を終えました。

それから2日後の夜に寝ようとしたところ、お腹も張りがなかなか治らず、寝つきが悪くなり心配していたところにズキズキと頭痛がはじまりました。

そのまま横になって様子をみていたのですが、頭痛は一向に治る気配もなく、胃も気持ち悪くなってしまい、焦ってGoogle先生で検索したところ「妊娠後期の突然の頭痛や吐き気は妊娠高血圧の疑いあり」と書いてあり、軽くパニック…

急いで母子手帳で2日前の妊婦健診の内容を確認したんですが、血圧も問題なし、尿蛋白も浮腫みも出ていない…

ただネットに「妊娠高血圧は体重増加も要因になる」と書いてあり、2週間で1.6キロも増えているから、なんだか突然に不安に襲われたんです。浮腫んでないかを自分で調べてみても浮腫んでいるような気にさえなってしまって余計に負のスパイラルに陥りました😰

しかも旦那さんはこんなときに限って出張に出てしまっている!!頼る人もおらず、病院に電話しようかと思ったのですが、この時点で深夜2時。とりあえず「朝一で良くなっていなかったら病院に電話しよう」と決めて携帯片手になんとか眠りにつきました。(←たぶん眠りが浅くてほとんど寝れていない)

急遽、産婦人科へ

翌日、目が覚めても、ズキズキとした頭痛は治っておらず、旦那さんに「お腹の張りがなかなか治らなかったり、頭痛がしたり、気持ち悪くなって心配だ」と連絡。

旦那さんには「健診したばっかりで問題ないんなら大丈夫じゃない?」と言われましたが、私の頭の中には妊娠高血圧症候群になってしまったのではないかという不安が拭えず、とりあえず今の症状を病院に電話しました。

すると「お腹の突然の張りもあるので、一度病院にきてください」とのこと。そのまま急いで病院に向かったのです。

診断結果

診察してもらったところ、まず子宮頸管は問題なく、早産の心配もないとのこと。

一安心したのですが、ズキズキした頭痛が止まらないと話をしたところ、血圧を測定されましたが全くの正常範囲内とのことで「高血圧については心配いらないですよ」と助産師さんから一言。

「血液検査もしますか?」と聞かれたのですが、血圧に問題ないなら大丈夫か…と思い検査は遠慮しました(←結構お金もかかるしね)

助産師さんから「日頃の疲れがでているのかな?と思います。妊婦でも飲める軽い頭痛薬を出しておくのでしんどい時は飲んでください。お腹の張りが全然治らないようであればすぐに連絡くださいね」とのことでカロナールという頭痛薬だけが処方されて診察は終わるのです。

その後の頭痛

なんだかちょっと安心した感もあって一瞬頭痛は治ったようにも見えたのですが、そこから地味にず〜っと頭痛が続きました。

安定期からは順調な妊婦生活だったのに、後期に入って一気に体調に変化があったために、頭痛が起こったり、ちょっと浮腫みが出ただけで「やっぱり妊娠高血圧なんじゃないか??」と不安な気持ちが倍増してしまって、ボロボロなまま31週を迎えました…

血圧計の購入へ

妊娠高血圧症候群は血圧が上がり、血管が拡張して頭痛が起こるので「毎日血圧がチェックできればこんなに怯えなくてもいいんじゃないか!」と思うようになりました。

早速ネットで調べると血圧計にはいろんな種類があったのですが、「手首式は正確に測れないので上腕式を購入すべし」という書き込みを発見。

こんな不安な日々におさらばするために、AmazonベストセラーNO.1のオムロンの血圧計を購入したのです!

血圧計の使い方

注文して翌朝、早速血圧計が届きました!!これほど歓喜したのは久しぶりでした(笑)。電池をセットして早速使ってみることに。

上腕式なので、肘よりも上にしっかりと巻いて、測定をスタートさせます。その時に「姿勢はなるべくまっすぐに、腕は机の上に置いてリラックスさせると良い」と書いてありました。

計測した結果は写真の通り、最高血圧101mmHg、最低血圧65mmHgと全くの正常範囲内でした(笑)。

血圧計はケチらないこと!

血圧計を買う時はケチって安いものや、手首式のものを買うのは避けた方が良いと思います

血圧計なんて今しか使うことないや!と思っても、正確に測れるものの方が安心感が大きいからです。これは購入してみて絶対そう思います。

ちなみに血圧に怯えたときに、血圧アプリなるものをダウンロードして調べたこともあったのですが(指で測るやつ)、大きく誤差がでるので注意してください。あと近所の電気屋さんで手首式も使ったのですが、これも誤差がでました。

今使っている上腕式タイプは病院で測ったときの数値と差がなかったので安心して使っています。

安心をお金で買えるって素晴らしい

血圧計をゲットしてからというもの、朝と夜、あとは頭痛がするタイミングでこまめに血圧を測っています。

今のところ、血圧は何も問題なし。

本当にこれだけで安心感が全く違うんです。

じゃあ頭痛の原因は何なんだ!となりますが、妊娠後期にはホルモンバランスの乱れとか自律神経の問題とか色々あるので、結局はその辺じゃないのかな?と勝手に理解しています。後は血圧計を買ってから安心感もあって、いっときよりは頭痛も減った気がするので、頭痛の原因が分からないストレスもあったように思います。

妊婦って本当にささいなことで心配になったりするので、心配なことはお金で解決していまった方が楽だ!ということに改めて気づきました。心配したり我慢したりはよくありませんね。

妊娠高血圧症候群に怯えていらっしゃるかたには、思い切って血圧計の購入をオススメします!

スポンサーリンク

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブル)



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.